社労士として

【個人事業主開業】8ヵ月後

個人事業主開業して8ヵ月、ついに完全独立開業します!少し時間が経ってしまいましたが、完全な開業に向けて これからするべきことについて記しました。普通の社労士業とは少し異なりますが、これが僕の社労士としての姿です(笑)。
社労士として

【個人事業主開業】8ヵ月目

今年4月に個人事業開業して…と言っても兼業だったのですが…いよいよそれも 12月でお終い、「完全独立」することになりました。
社労士として

【労基が来た~】実務シリーズ

労働基準監督署の抜き打ち調査は・・・経験したくないものですが・・・来てしまうかもしれません。 今回は、実際の調査模様をドキュメンタリーでお届けします(笑)。それと、普段からの対応、姿勢を記します。 困ったら、社労士の僕を頼ってください。
スポンサーリンク
社労士として

【衛生委員会の設置】実務シリーズ

今回は、衛生委員会についてです。設置していない会社も多いように思いますが、一定の規模の事業所は、必ず設置しなければ なりません。条文等を読むと難しく手間がかかるように感じてしまうので、その辺りを、実務に即して簡単に解説してみました。
人事の仕事

【定年後の継続雇用】何でもあり?

高年齢者雇用安定法改正により、定年70歳、定年制廃止などと言われていますが、現実は違うように感じます。 継続雇用するけれど60歳を機に、職務内容を見直して賃金を低下させる企業も多いのではないでしょうか。これは、高年齢者雇用安定法の趣旨に反し違法と判断される可能性が高いので、注意が必要です。
人事の仕事

【会社都合退職か自己都合退職か】

自己都合退職と思っていても、実際は会社都合退職という場合があり、その場合は優遇措置を受けられます。 ここを理解するためには、特定受給資格者と特定理由離職者の要件を理解する必要があります。その辺りを解説していきます。
社労士として

【45歳定年制】について

最近話題となった【45歳定年制】について考えてみました。反対もしくは批判する意見もあるようですが、僕は「問題提起」として共感する ところ大です。雇用環境は変わりつつありますので、それに対しての準備は必要です。さあ、自己研鑽始めましょう。 
社労士として

【個人事業主開業】法人設立必要?

新しい仕事の話が増えてきて…法人設立について、9月初頭からずーっと悩み、迷ってきました。 ・個人事業…社労士業務  ・法人設立…(新規事業を中心とした)コンサルタント会社  という二本立てが結論になりそうです。
人事の仕事

【個人事業主開業】新規顧客対応

社会保険労務士、或いは人事専門家として、新しいお客様とお話ししました。常勤の働き方を希望されていたのですが、 無理なので、そこはお断りさせて頂きました。しかし、コンサルタントとしての協力依頼がありましたので、有難く お受けしようと。内容、料金の交渉はこれからですけど・・・
社労士として

【個人事業主開業】6ヵ月目

個人事業主として開業してから、6ヵ月目に入りました。この間無我夢中でしたが、クライアントは勿論、新規見込先に対しても、自分のできる限りですが 誠実に対応してきたつもりです。その結果(だと思いたい)、新規のお客さんや仕事の紹介が舞い込むようになりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました